GSX-R125 車体データ・スペック

スズキのGSX-R125のスペックなんかを説明していきます。
今年販売されたばかりのバイクで、見た感じ手抜きは全く感じられないバイクです。


主要諸元

エンジン    4サイクル123cc縦型 OHC空冷単気筒 2バルブ


内径x行程 / 圧縮比 62.0mm x 41.2mm / 11.0:1

最高出力 15.0PS/10000rpm

最大トルク 1.10kgf・m/8000rpm


乾燥重量 123kg

パワーウェイトレシオ 8.2kg/PS


製造期間 2018年-現行

全長x全幅x全高 2000mm x 700mm x 1070mm

ホイールベース 1300mm

燃料供給装置 フューエルインジェクション式

       
点火方式 フルトランジスタ点火
使用スパークプラグ  MR8E-9

始動方式 セルスターター式
駆動方式 チェーン
バッテリー 12V

1次減速比 3.285
2次減速比 3.214


変速機 常時噛合式・6速リターン
変速比
1速 2.923
2速 1.933
3速 1.476
4速 1.217
5速 1.045
6速 0.925


サスペンション 前:テレスコピック式31φフロントフォーク 後:スイングアーム式モノサス(リンク式)

ブレーキ 前後:油圧式ディスクブレーキ(ABS)

タイヤサイズ 前:90/80R17 後:130/70R17

燃料タンク容量11.0L
エンジンオイル容量1.5L


特徴など

上記の通り販売されたばかりのバイクであり、人気が高い。
パワーユニットはGSX-R125と共通であるが、カウリングやライディングポジション的にこちらの方が速くなる。

ライディングポジションはかなり前傾姿勢となるため、長時間のツーリングはキツイかもしれない。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿

こちらの記事もどうぞ