XV125S(ビラーゴ125) 車体データ・スペック

ヤマハのXV125Sビラーゴのスペックなんかを説明していきます。
ヤマハのビラーゴシリーズの最小排気量バージョンです。


主要諸元

エンジン    4サイクル124ccV型 OHC空冷2気筒 2バルブ


内径x行程 / 圧縮比 41.0mm x 47.0mm / 10.2:1

最高出力 11.4PS/8500rpm

最大トルク  0.96kgf・m/8500rpm


乾燥重量 139kg

パワーウェイトレシオ 12.19kg/PS


製造期間 1997年-2002年

全長x全幅x全高 2215mm x 815mm x 1140mm

ホイールベース 1495mm

燃料供給装置  キャブレター式(ミクニ BDS26)           
点火方式 CDI点火
使用スパークプラグ  CR6HSA

始動方式 セルスターター式
駆動方式 チェーン
バッテリー 12V

1次減速比 3.400
2次減速比 3.615


変速機 常時噛合式・5速リターン
変速比
1速 2.642
2速 1.684
3速 1.260
4速 1.000
5速 0.821


サスペンション 前:テレスコピック式33Φフロントフォーク 後:スイングアーム式ツインサス

ブレーキ 前:油圧式ディスクブレーキ 後:機械式ドラムブレーキ(リーディングトレーリング)

タイヤサイズ 前:3.00-18 後:130/90R15

燃料タンク容量9.5L
エンジンオイル容量1.4L


特徴など

Vツインエンジンを搭載した、ヤマハの伝統的アメリカン。

おそらく125ccで最長のホイールベースを持っているため、パッと見では原付二種バイクには見えない。

一説ではプロトタイプに当たるものが1996年に市場に投入されたという話があるが、詳細不明。

逆輸入車であり生産終了からしばらく経つため、車体は高値気味である…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿

こちらの記事もどうぞ