CL65 車体データ・スペック

ホンダのベンリィCL65のスペックなんかを説明していきます。
こんな事を言うと誤解を受けそうですが、ちょっと扱いが可哀想なバイクです。


主要諸元

エンジン    4サイクル 63cc縦型 OHC空冷単気筒 2バルブ


内径x行程 / 圧縮比 44.0mm x 41.4mm / 8.8:1

最高出力 6.2PS/10000rpm

最大トルク  0.48kgf・m/8500rpm


乾燥重量 71kg

パワーウェイトレシオ 11.45kg/PS


製造期間 1968年-1973年

全長x全幅x全高 1780mm x 740mm x 965mm
   
ホイールベース 1180mm

燃料供給装置 キャブレター式( PW18? 18Φ)               
点火方式 ポイント点火
使用スパークプラグ  D6HS

始動方式 キック式
駆動方式 チェーン
バッテリ 6V

1次減速比 不明
2次減速比 不明


変速機 常時噛合式・4速ロータリー
変速比
1速 3.272
2速 1.937
3速 1.350
4速 1.043


サスペンション 前:テレスコピック式27Φフロントフォーク 後:スイングアーム式ツインサス

ブレーキ 前後:機械式ドラムブレーキ(リーディングトレーリング)

タイヤサイズ 前後:2.75-17 4PR

燃料タンク容量5.8L
エンジンオイル容量1.0L


特徴など

排気量以外のスペックかベンリィCL50と一緒で、エンジンもCL50のボアを5mmほどボアアップしたもの。

外見の違いとしては、タンデムステップの有無くらいしかない。

類似車種(後継車種?)にCL70があるため、こちらはあまりメジャーではないバイクです。



スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿

こちらの記事もどうぞ