CB125S 車体データ・スペック

ホンダのCB125Sのスペックなんかを説明していきます。

CB125Tとは別物で、モデルチェンジ版にCB125JXがありますが、スペックが異なるのでこの記事ではCB125Sのみ説明します。



主要諸元

エンジン    4サイクル122cc縦型 OHC空冷単気筒 2バルブ
吸気バルブ径 24mm
排気バルブ径 20.5mm


内径x行程 / 圧縮比 56.0mm x 49.5mm / 9.5:1

最高出力 12.0PS/9000rpm

最大トルク  1.00kgf・m/8000rpm


乾燥重量 88kg

パワーウェイトレシオ 7.33kg/PS


製造期間 1970年-1975年

全長x全幅x全高 1880mm x 750mm x 1050mm
   
ホイールベース 1205mm

燃料供給装置 キャブレター式(PW20 20Φ)               
点火方式 ポイント点火
使用スパークプラグ  D8ES

始動方式 キックスターター式
駆動方式 チェーン
バッテリ 6V

1次減速比 4.055
2次減速比 3.600


変速機 常時噛合式・5速リターン
変速比
1速 2.620
2速 1.781
3速 1.372
4速 1.100
5速 0.460



サスペンション 前:テレスコピック式27Φフロントフォーク 後:スイングアーム式ツインサス

ブレーキ 前後:機械式ドラムブレーキ

タイヤサイズ 前:2.75-18 4PR 後:3.00-18 4PR

燃料タンク容量10.0L
エンジンオイル容量0.9L


特徴など

もともとパラツインのエンジンを搭載したベンリィCB125から、突如として派生して誕生したバイク。

CB125TのTはツインのT。したがってCB125SのSはシングルS。

出力こそツインより劣るが車両重量が圧倒的に軽いため、軽快な走りができる。

前後ドラムブレーキだが、後にディスクブレーキを装備したCB125JXが販売された。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿

こちらの記事もどうぞ