Europa125 車体データ・スペック

アプリリアのエウロパ125のスペックなんかを説明していきます。
個人的にVT250スパーダに何となく似ていると思いました…


主要諸元


エンジン  124.7cc 2サイクル 水冷単気筒 クランクリードバルブ式

内径x行程 / 圧縮比 54.0mm x 54.5mm / 16.0:1

最高出力 29.0PS/11,000rpm
     
最大トルク 2.3kgm・f/9,250rpm
                     
乾燥重量 110kg
     
パワーウェイトレシオ 3.79kg/PS
                           

製造期間 1990年-1993年

全長x全幅x全高 1910mm x 680mm x 1100mm
ホイールベース 1280mm


燃料供給装置 キャブレター式(デロルトPHBN28 28φ)
点火方式 CDI

使用スパークプラグ B10ES
バッテリー 12V

始動方式 セルスターター式
潤滑方式 分離潤滑式
駆動方式 チェーン



一次減速比 不明
二次減速比 不明

変速機 常時噛合式・6速リターン
変速比
不明 


サスペンション 前:テレスコピック式 38Φ倒立フロントフォーク 後:スイング・アーム式モノサス(リバースサスペンション・ガルアーム)

ブレーキ 前後:油圧式ディスクブレーキ(前:2P 後:対向1P)

タイヤサイズ 前:100/80R17 後:130/70R17
燃料タンク容量 14.0L
エンジンオイル容量 2.0L



特徴とか

基本的にAF1/125 Futuraのネイキッド版と考えていい。
エンジンもFuturaのデチューン版だが、出力特性はトルク型に振られており、街乗りを意識した作りとなっている。

とは言うものの、最高速は理論上160km/hを越えるため、あくまでAF1を比較対象とした場合の街乗り版であり、通常の125ccネイキッドとしてはかなりオーバースペックである。

リア周りは、スイングアームはAF1と違い正規のガルアーム。リアサスは逆付けで取り付けてある。

リア周りのクリアランスがギリギリのため、という話である。



スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿

こちらの記事もどうぞ