Cocis 車体データ・スペック

カジバのコシスのスペックなんかを説明していきます。
タマナコ125の50cc版で、日本にもごく少数あるそうです。

年式によりCocisとCocis2がありますが、どちらも説明していきます。

主要諸元


エンジン  49.9cc 2サイクル 水冷単気筒 クランクリードバルブ式

内径x行程 / 圧縮比 38mm x 44mm / 6.3:1

最高出力 不明 3馬力程度との情報あり
     
最大トルク 不明 0.6kgm・f程度との情報あり
                     
乾燥重量 102kg
     
パワーウェイトレシオ ?kg/PS
                           

製造期間 1988年-1989年(Cocis)
                 1990年-1991年(Cocis2)

全長x全幅x全高 2050mm x 840mm x 1320mm
ホイールベース 1350mm


燃料供給装置 キャブレター式(デロルトSHA14M 14Φ)
点火方式 CDI

使用スパークプラグ B7ES
バッテリー 12V

始動方式 セル・キック併用式
潤滑方式 分離潤滑式
駆動方式 チェーン



一次減速比 3.850
二次減速比 4.545(Cocis)
                     3.571(Cocis2)

変速機 常時噛合式・4速リターン(Cocis) 3速リターン(Cocis2)
変速比
(Cocis)
1速 3.454
2速 2.071
3速 1.450
4速 1.150

(Cocis2)
1速 3.454
2速 2.071
3速 1.450

サスペンション 前:テレスコピック式 35Φ倒立フロントフォーク 後:スイング・アーム式モノサス

ブレーキ 前後:油圧式ディスクブレーキ

タイヤサイズ 前:2.50-21 後:4.10-18
燃料タンク容量 9L
エンジンオイル容量 1.5L



特徴とか

75cc版や80cc版もあるらしいが、詳細は不明。
75cc版はスペイン向けらしく、ミッションは6速。

オーストラリアにも50ccとして輸出されているらしいが、こちらはフルパワー仕様らしく、出力も異なり、こちらもミッションも6速。

エンジンはカジバの開発だが、ミナレリ製の部品も多々使用しているらしく、実質ミナレリのエンジンと言ってもいいかもしれない。

カジバには珍しくストロークの方が大きいエンジンである。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿

こちらの記事もどうぞ