AS125R 車体データ・スペック

アプリリアのAS125Rのスペックなんかを説明していきます。
ASR125なんていうのもあるみたいなんですが、多分同一車種かとおもいます。

主要諸元


エンジン  124.c 2サイクル 水冷単気筒 (多分)クランクリードバルブ式

内径x行程 / 圧縮比 54.0mm x 54mm / 14.1:1

最高出力 26.0PS/8,500rpm
     
最大トルク 2.3kgm・f/8,100rpm
                     
乾燥重量 107kg
     
パワーウェイトレシオ 4.12kg/PS
                           

製造期間 1985年-1986年

全長x全幅x全高 2015mm x 710mm x 1190mm
ホイールベース 1365mm


燃料供給装置 キャブレター式(デロルトPHBH26BS 26φ)
点火方式 CDI

使用スパークプラグ B9ES
バッテリー 12V

始動方式 セル・キック併用式
潤滑方式 分離潤滑式
駆動方式 チェーン



一次減速比 3.191
二次減速比 2.444

変速機 常時噛合式・6速リターン
変速比
1速 3.400
2速 2.308
3速 1.688
4速 1.316
5速 1.095
6速 1.000

サスペンション 前:テレスコピック式 32Φ倒立フロントフォーク 後:スイング・アーム式モノサス

ブレーキ 前後:油圧式ディスクブレーキ(前後:対向2P)

タイヤサイズ 前:100/90R16 後:100/90R18
燃料タンク容量 12.5L
エンジンオイル容量 1.85L



特徴とか

AF1の前に開発されたアプリリアのスポーツタイプバイク。
レプリカが流行り出す前のバイクのため、微妙にフルカウルではない。

本格的なレプリカのAF1より最大出力は低いが、その分トルクが太く、扱いやすいマシンとなっているよう。

最高速は理論値で145km/hだが、充分速い。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿

こちらの記事もどうぞ