AF1/125 Sport Pro 車体データ・スペック

アプリリアのAF1/125 sports proのスペックなんかを説明していきます。
厳密にはFuturaのモデルの一部みたいで、Futura SPとも呼ばれているみたいですが、スペックが違いすぎるためここで説明します。

主要諸元


エンジン  124.7cc 2サイクル 水冷単気筒 クランクリードバルブ式

内径x行程 / 圧縮比 54.0mm x 54.5mm / 18.0:1

最高出力 33.0PS/11,000rpm
     
最大トルク 2.0kgm・f/10,000rpm
                     
乾燥重量 114kg
     
パワーウェイトレシオ 3.45kg/PS
                           

製造期間 1992年-1993年

全長x全幅x全高 19900mm x 615mm x 1120mm
ホイールベース 1365mm


燃料供給装置 キャブレター式(デロルトPHBN34LD 34φ)
点火方式 CDI

使用スパークプラグ BP9HS
バッテリー 12V

始動方式 セルスターター式
潤滑方式 分離潤滑式
駆動方式 チェーン



一次減速比 不明
二次減速比 不明

変速機 常時噛合式・6速リターン
変速比
不明 Futuraよりワイドという情報あり


サスペンション 前:テレスコピック式 40Φ倒立フロントフォーク 後:スイング・アーム式モノサス

ブレーキ 前後:油圧式ディスクブレーキ(前:対向4P 後:対向2P)

タイヤサイズ 前:100/80R17 後:140/70R17
燃料タンク容量 16.0L
エンジンオイル容量 2.0L



特徴とか

上記の通り、Futuraのスペシャルモデルにあたる車種だが、スペックがまるで異なっており、最強最後のAF1/125である。

フレームとベースエンジン以外はほぼ新型の専用設計になっているらしく、データがあるだけでも、
・フロントフォーク
・リアサス
・前後ホイール
・キャブレター
・カウル

これらが専用に与えられた。
特にキャブレターは34Φのフラットバルブのものであり、非常に高性能すぎるバイクとなった。

理論値で最高速は174km/h。とても125ccのものとは思えない。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿

こちらの記事もどうぞ