GT125 車体データ・スペック

スズキのGT125のスペックなんかを説明していきます。
SYM社から同名のスクーターが販売されていますが、勘違いなさらぬように。
(著作権者:Asp.さん、ライセンス:CC by-sa 3.0、出典:Wikipedia

主要諸元


エンジン 124cc 2サイクル 空冷2気筒 ピストンリードバルブ式
内径x行程 / 圧縮比 43.0mm x 43.0mm / 6.8:1

最高出力 16.0PS/9,500rpm

最大トルク  1.30kgm・f/8,500rpm

乾燥重量 115kg

パワーウェイトレシオ 7.19kg/PS

製造期間 1971年-1987年

全長x全幅x全高 1910mm x 770mm x 1065mm
ホイールベース 1230mm
地上最低高 140mm

燃料供給装置 キャブレター式(VM18SH 18φ)
点火方式 PEI
使用スパークプラグ B8HS

始動方式 キック式
潤滑方式 分離潤滑式(CCIS)
駆動方式 チェーン
バッテリー 12V

キャスター 63°
トレール 97mm

一次減速比 3.210
二次減速比 3.864

変速機 常時噛合式・5速リターン 
変速比
1速 3.000
2速 1.812
3速 1.250
4速 0.956
5速 0.800

サスペンション 前:テレスコピック式 フロントフォーク 後:スイング・アーム式ツインサス

ブレーキ 前:油圧式ディスクブレーキ 後:機械式ドラムブレーキ(リーディングトレーリング)

タイヤサイズ 前:2.75-18 4PR 後:3.00-18 4PR

燃料タンク容量 10.0L
エンジンオイル容量 1.2L



特徴とか

RG125の前モデルである。
燃料タンクはRGよりも大きく、こちらの方がツーリング向けである。

動性能も申し分なく、前輪ディスクブレーキやPEIなど、当時にしては新しい技術がもうけられている。

メンテナンスデータ(レストア目的向け)


フロントフォークオイル量 125cc

フロントタイヤ空気圧 175KPA
リアタイヤ空気圧 200KPA

純正キャブレター エアスクリュ戻し 1 1/2
標準アイドリング数 1300rpm

ミッションオイル量 0.8L


スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿

こちらの記事もどうぞ