IT125 車体データ・スペック

ヤマハのIT125のスペックなんかを説明していきます。
海外向けに販売されたエンデューロらしいですが、日本にも少数ながらあるという話です。

型式 3R9

エンジン   123cc 2サイクル 空冷単気筒 クランクリードバルブ式
内径x行程 / 圧縮比 56.0mm x 50.0mm / 8.0:1

最高出力 16.9PS/9,000rpm
最大トルク 1.48kgf・m/8,000rpm

乾燥重量 91.5kg
パワーウェイトレシオ 5.41kg/PS

製造期間 1980年-1984年

全長x全幅x全高 1820mm × 765mm × 1007mm
ホイールベース 1365mm

燃料供給装置 キャブレター式(VM30SC 30φ)
点火方式 CDI
使用スパークプラグ  B7HS

始動方式 キック式
駆動方式 チェーン
バッテリー 12V

変速機 常時噛合式・6速リターン
変速比
1速 3.090
2速 2.070
3速 1.500
4速 1.190
5速 1.000
6速 0.840

サスペンション 前:テレスコピック式 25φフロントフォーク 後:スイング・アーム式モノサス

ブレーキ 前後:リーディングトレーリング式ドラムブレーキ 

タイヤサイズ 前:3.00-21 4PR 後4.18 4PR
燃料タンク容量 8.5L
エンジンオイルタンク容量 混合仕様のためなし



ヤマハのエンデューロモデル。

世界においてエンデューロというジャンルがまだ浸透していない時代に、そのジャンルを開拓したと言ってもいいバイク。

DT系のフレームにYZ125ベースのエンジンが載っており、基本性能は高いと思われる。

公道用の装備はしてあるものの、燃料がオイル混合のため注意が必要。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿

こちらの記事もどうぞ