スーパーカブ90(1987年~2007年) 車体データ・スペック

ホンダのスーパーカブ90(87年~07年)のスペックとかを説明していきます。
(出典:Wikipedia 交番仕様)


エンジン    4サイクル85cc横型 OHC空冷単気筒 2バルブ
吸気バルブ 23mm
排気バルブ 20mm

内径x行程 / 圧縮比 47.0mm x 49.5mm / 8.8:1

最高出力 7.0PS/6000rpm
最大トルク 0.79kgm/5500rpm


乾燥重量 73kg
パワーウェイトレシオ 10.43kg/PS


製造期間 1987年-2007年

全長x全幅x全高 1810mm x 670mm x 995mm
ホイールベース 1180mm

燃料供給装置 キャブレター式( 16φ)

点火方式 CDI点火
使用スパークプラグ  C7HS

始動方式 キックスターター式(セルスターター式もあり)
駆動方式 チェーン
バッテリー 12V






変速機 自動遠心式・3速ロータリー

変速比
1速 2.833
2速 1.677
3速 1.045
(ライカブ (@Linercubtec)さんより情報頂きました!)

サスペンション 前:ボトムリンク式フロントフォーク 後:スイング・アーム式ツインサス

ブレーキ 前後:機械式ドラムブレーキ(リーディングトレーリング)

タイヤサイズ 前後:2.50-17

燃料タンク容量5.5L.
エンジンオイル容量0.7L


電装が12V化、CDI点火となって更に燃費が伸びた。
それによるものかどうかはわからないが、微妙に馬力アップ。

98年式からはフロントブレーキのドラムが大径化し、制動力がアップしている。

スーパーカブ90最後にして最長のモデルである。



スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿

こちらの記事もどうぞ