NS-1のホイールをNSR50の12インチに


フロント編


ホイール径を小さくして、足着きをよくしたいと思います!

なんて、本当の目的はかっこよさとコーナーリングの強化です

フロントはNSR50まんまです

オイラは
NSR50前期型ホイール
NSR-miniフロントフォークaspトップブリッジ(貫通連結?式)

ステムはNSR50後期型を使用しました

ハンドルはクランプ式。しかもトップブリッジの下です。

トップブリッジの上にすると、NS-1よりフォークが短いですので操作が逆にしにくくなるためです。

また、NS-1のフォークは31φ、NSR50は30φなんで、
NSRフォークを使うときは必ずNSRのステムを使用してください。

(2017/1/31 Twitterにて、いっぺさん (@IP250W)よりフォーク径が逆だと指摘がありましたので、修正しました。)

トップブリッジもです。

純正ハンドル&トップブリッジを使用するときは

貫通連結式?のトップブリッジは必要ないですね

ホイール径が変わるので、多少スピードメーターに誤差が出るやもしれません

まぁ、分解整備の基本ですが
締め付けトルクは守りましょう

思いきり締め付ければ言いわけじゃありませんよ…




リア編



リアはNS-1のスイングアームしか使えないかと…

NSR50のは幅が全然合わないうえに
リアサスの取りつけ穴が全くズレるためです。

そのためNSR50用のリアサスは、加工等しないとつけられません。たぶん。

ブレーキのローターはNS-1用を使いました。

見比べるとNS-1用のほうが大きかったからです。

このため、キャリパーサポートもNS-1用です。

まとめると…
・スイングアーム
[NS-1純正]

・リアサスペンション
[NS-1純正]

・ホイール
[NSR50前期型純正]

を使いました。

こんなところですかね…



ここまで!!
うん。こんなところですかね。←何も成長していない

結局、人と違うことをしたいだけなんです。
よろしく哀愁。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿

こちらの記事もどうぞ