4stNSRリテイク18 「シフト位置にも問題があるので…」

エイプ50のエンジンとNSR50のステップは位置が遠すぎるので、チェンジロッドを逆向きにして逆シフトにしました。

メガネレンチで曲げて調整もしました。

最終型NSR50ならチェンジロッドがリンク式なので、流用すれば正シフトになります。



ここまで転載。

逆シフトというのは、通常だと1速だとダウン、それからシフトアップは上にあげていく形ですが、
逆シフトは1速がアップ、シフトアップが下に下げていく形になります。

レースの世界ではやっている人はたまにいますが、街乗りでやっている人はほとんどいないでしょう。
ニュートラルに入りづらいからね!

ちなみに、エイプのチェンジロッドを逆シフトにつけると、つま先入りません。

NSR50のものをつければ多少は入りますが、加工すれば一番いいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿

こちらの記事もどうぞ