RS50(2004~2006年型) 車体データ・スペック

アプリリアのRS50(2004~2006)のスペックとかを説明していきます。

このモデルはTSJ型と呼ばれており、日本や一部の国のみで販売されたモデルであり、外見はSE型のRS50と変わりありません。

エンジン    ミナレリ・ヤマハ製AM6型(デチューン版) 49cc 2サイクル 水冷単気筒 クランクリードバルブ式

内径x行程 / 圧縮比 40.3mm x 39.0mm / 12.:1

最高出力 5.5PS/?rpm
最大トルク 0.48kgm/?rpm

乾燥重量 115kg
パワーウェイトレシオ 20.9kg/PS(推定)


製造期間 2002年-2003年

全長x全幅x全高 1920mm x 675mm x 1150mm
ホイールベース 1280mm

燃料供給装置 キャブレター式( デロルトO14 14φ)
)
点火方式 CDI点火
使用スパークプラグ  BR8ES

始動方式 セルスターター式
駆動方式 チェーン
バッテリー 4L-B(12V)


変速機 常時噛合式・6速リターン
変速比
1速 3.000
2速 2.062
3速 1.526
4速 1.227
5速 1.042
6速 0.960


サスペンション 前:テレスコピック式 30φ正立フロントフォーク 後:スイング・アーム式モノサス

ブレーキ 前後:油圧式ディスクブレーキ(フロント:片押し2POT リア:片押し1POT)

タイヤサイズ 前:90/80R17 後:110/80R17
燃料タンク容量13.0L
エンジンオイルタンク容量 1.6L


SE型のRS50から、少し規制を緩めたモデル。
キャブが14φに戻り、チャンバーの規制も少し緩い。

ただ、エンジンはデチューンされたままなので、最高速は70km/h程度。

このモデルもアプリリアから正式に馬力が発表されていない。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿

こちらの記事もどうぞ