ミニクロ(CM50) 車体データ・スペック

ミニクロ50のスペックとかを説明していきます。
型式 CM50


エンジン    49cc 2サイクル 空冷単気筒 ロータリーバルブ式
内径x行程 / 圧縮比 41.0mm x 37.8mm / 6.3:1

最高出力 5.0PS/8,500rpm
最大トルク 0.45kgm/7,500rpm

乾燥重量 79kg
パワーウェイトレシオ 15.8kg/PS


製造期間 1975年-1980年?

全長x全幅x全高 1835mm x 760mm x 975mm
ホイールベース データ無し

燃料供給装置 キャブレター式(VM14 14φ)
点火方式 ポイント点火
使用スパークプラグ  B6HS

始動方式 キック式
駆動方式 チェーン
バッテリー 6N4

変速機 5速リターン
変速比(データなし)

サスペンション 前:テレスコピック式 正立フロントフォーク 後:スイング・アーム式ツインサス

ブレーキ 前後:リーディングトレーリング式ドラムブレーキ 

タイヤサイズ前2.50-16 後3.00-14
燃料タンク容量5.5L
エンジンオイルタンク容量 データ無し


まずはじめに一言。
データ少なすぎィ!!

ヤマハのミニトレと人気を二分したバイクとはいえ、ミニトレのほうが、まだデータあるぞ…

エンジンはRG50ゆずりのエンジン。
(2018/1/22追記 ハスラー系ロータリーバルブを搭載しているそう。Bateism54 (@bateism54)さんよりの情報。)

そもそも非公道用モトクロッサーのTM75をベースとしているため、車体自体の性能は(当時としては)高い。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿

こちらの記事もどうぞ