TZM50R 車体データ・スペック

ヤマハのTZM50Rのスペックとかを解説していきます。
ホンダのNSR50を永遠のライバルとするバイクです。


(たっく@816さん所有車)

(らいさん所有車)

主要諸元

型式 4KJ
フレーム 高張力鋼管ダイヤモンド

全長×全幅×全高 1,615mm×615mm×960mm 
シート高 670 mm
ホイールベース 1095 mm

乾燥重量 78kg
車両重量 88kg

パワーウエイトレシオ 10.83kg/PS

エンジン 水冷2サイクルクランクリードバルブ単気筒 49cc 
ボア×ストローク 40.0 x 39.7 mm

圧縮比 7.5
最高出力 7.2PS/10,000rpm 
最大トルク 0.60kgw-m/7,500rpm

燃料供給形式 キャブレター(VM18 18φ)

点火方式 CDI 
始動方式 セルスターター式
使用スパークプラグ BR8ES

キャスター 25゚
トレール 66mm
ハンドル切れ角 左右30゚

1次減速比 3.578
2次減速比 3.461

ミッション 常時噛合式・6速リターン 
変速比
1速/3.250
2速/2.125
3速/1.550
4速/1.227
5速/1.040
6速/0.923

サスペンション 前テレスコピック 31φフロントフォーク 後スイングアーム

ブレーキ  前 油圧式シングルディスク(片押し2pot) 後 油圧式シングルディスク(片押し1pot)

燃料タンク容量 9.3 L
エンジンオイルタンク容量 1.1L
定地燃費 73km/l(30km/h走行時)

タイヤサイズ 前 100/90-12 48J 後120/80-12 54J



特徴・流用情報

NSR50に対抗するために、ヤマハがつくったガチレーサー。
エンジンがTZR50Rベースの物だけど、TZR50が三枚クラッチなのに対して、こちらは四枚クラッチ。
たぶんTZR50Rもそうだけど、エンジンのベースはYZ80だけど、設計ベースがYZなだけで互換性はなし、エンジンマウントも違うそうです。

ラジエーターの性能が優秀なため、よくNSR50に流用される。

リアサスはリンクなしのモノクロス。ビルシュタイン製らしい。普通にヤマハ製でした!

リンクなしのモノクロスってよくわからないので詳しい方、教えてください…

NSR50とTZR50R、どちらが速いか論争になるけど、正直ケースバイケースだよねー。

ガソリンタンクがYSR50のものと同一
(底面の形状、容量が違うそうです。F6AB@maniaさんより情報提供。)
アッパーカウル、トップブリッジがTZR50(3tu)のものと同一。

スポンサーリンク




メンテナンスデータ(レストア目的向け)

フロントスプロケット 13T
リアスプロケット 45T

ミッションオイル容量 800ml(交換時750ml)
ミッションオイル粘度 GL-3 SAE80W

冷却水容量 840ml(うちリザーブタンク160ml)

使用バッテリー 4B-5

フロントフォークオイル ヤマハサスペンションオイルG10
フォークオイル容量 162ml
フォークオイルレベル インナーチューブ上端から237mm

純正キャブセッティング
メインジェット #100
スロージェット #35
ニードルクリップ 上から3段目
エアスクリュ 全閉から1 1/8回転

タイヤ空気圧
前輪 150kpa
後輪 175kpa


点火時期 BTDC14゚/1500rpm

この他にもメンテナンスデータや流用情報をお持ちでしたら、コメント欄にてお教えください。


ピックアップパーツ



シートカウル。
TZM自体が割りと異彩を放つ上、ドレスアップパーツしているとより目立つ。
楽天のはSPI製、AmazonのはPOSH製。
どちらもあまりいないような気がするので、個性重視する人向けかも。


ブレンボカニキャリパーを装着するためのキャリパーサポート。
フロントにカニキャリパーをつけられるようになる。
当然キャリパーは別売り。ブレーキタッチの向上に。

(2019/3/3)記事作成協力 👿la Tarreらてにゃんこさん😈 (@PrincessRose369)さん

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿