MTX50 車体データ・スペック

ホンダのMTX50のスペックなどを説明していきます。
モデルチェンジ版のMTX50Rについては別で説明していきます。



型式 AD04


エンジン   AD01E型 49cc 2サイクル 空冷単気筒 ピストンリードバルブ式
内径x行程 / 圧縮比 39.0mm x 41.4mm / 7.4:1

最高出力 6.5PS/7,500rpm
最大トルク 0.64kgm/7,000rpm

乾燥重量 79kg
パワーウェイトレシオ 12.15kg/PS

製造期間 1982年-1983年

全長x全幅x全高 2060mm x 810mm x 1145mm
ホイールベース 1335mm

燃料供給装置 キャブレター式(PF15 15φ?)
点火方式 CDI
使用スパークプラグ  B9HS

始動方式 キック式
駆動方式 チェーン
バッテリー YB2.5

変速機 常時噛合式・6速リターン
変速比
1速 3.545
2速 2.333
3速 1.720
4速 1.380
5速 1.173
6速 1.043
サスペンション 前:テレスコピック式 31φフロントフォーク 後:スイング・アーム式モノサス

ブレーキ 前後:リーディングトレーリング式ドラムブレーキ 

タイヤサイズ前2.50-21 4PR  後3.00-18 4PR
燃料タンク容量9.5L
エンジンオイルタンク容量 1.2L


MT50の後継車種として販売された。
ツインサス→モノサスになり、エンジンもより中低速に力が入るようリセッティングされた。

この後すぐに、MBXのエンジンを載せたMTX50Rが販売されたため、販売期間が短かった。

ホイールサイズ見てわかる通り、MT50よりまた大きなバイクです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿

こちらの記事もどうぞ