CR-Zが2016年内に生産終了だってさ。原因は若者の車離れによるもの?

ホンダのハイブリッドスポーツカー、CR-Zが今年いっぱいで生産終了することが公式アナウンスされたようです。

2010年から販売してきたこの車種、なんと累計4万台だけしか販売していないとのこと。
と言う事は、今後中古市場には4万台以下しか出回らないと言う事ですね。(まあ実際は1万台くらいなのかな?)

ハイブリッド・ライトウエイト・スポーツカーと良い三要素が揃っているだけに非常に残念。


とここまでが建前。
ここからが本音。


なんかさ、何でか知らんけどホンダのハイブリッドってコケるよね?

すごくもったいなく感じるのはオイラだけ?
この車も何度か乗ったことあるけどいい車だと思うよ?
つかいい車。金があれば乗りたいと思った初めてのホンダ車。

ほんとどーしてかね。インサイトもプリウスに負けたしね。

原因として、若者のの車離れを挙げているみたいだけど、それも何か違うとおもうしね。

確かに若者をターゲットにするのはいいかも知んないけどさあ、高いんだよ車が。
中高年とか、お金のある世代をターゲットにするべきだったね。
その世代はロードスターとか86とか乗ってる人いっぱいいるし。

まあいずれにせよ残念でしたー。
ファイナルエディション出るみたいだから、欲しい人は早めに予約した方がいいぞー。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿

こちらの記事もどうぞ