ギャグ 車体データ・スペック

スズキのギャグのスペックとかを説明していきます。


型式 A-LA41A

エンジン A403型  SOHC空冷4サイクルエンジン
内径x行程 / 圧縮比39.0mm×41.8mm / 10.3:1
最高出力 5.2ps/7000rpm
最大トルク 0.57kg-m/6000rpm

乾燥重量 70kg

製造期間 1986年-1987年

フレーム バックボーン
全長x全幅x全高 1.540m x 0.870m ×
0.610m
最低地上高 0.115m

燃料供給装置 キャブレター式(VM13 13φ)
始動方式 キック式
駆動方式 チェーン

変速機 常時噛合式・4速リターン
変速比
1速 3.400
2速 1.933
3速 1.315
4速 1.095

サスペンション 前:テレスコピック式 26φフロントフォーク 後:スイング・アーム式モノサス

ブレーキ 前:油圧式ディスク(片押し1POT) 後:油圧式ディ3

タイヤサイズ前 3.50- 10 後3.50-10

燃料タンク容量7L



スズキが世に放った、50cc初のフルカウル
かの有名な仮面ノリダーも乗っていたという、幻のバイク。


その名のとおり、フルカウルのレーサーレプリカなのに、そんなに速くない、ギャグのようなバイク。

それでもそのエンジンは5馬力を捻りだし、バーディ系のエンジンのため壊れづらい。  

バッテリーが6Vなんで、みんな12Vにしたりしてる。だからノーマル車両が少ない。

製造期間が短いし、そもそも数が少ないから、ノーマル車両のギャグを入手したなら絶対に手放さない方がいい。多分プレミアつく。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿

こちらの記事もどうぞ